平成29年度 国体強化施策

【目標】

第38回北信越国体(福井県)の本国体出場枠は3。
北信越予選を勝ち抜き、第72回国体(愛媛国体)では第68回東京国体以来、4年ぶりの入賞を目指す。

【施策概要】

最近3年間の本国体の結果はすべて初戦敗退。3試合のスコアはいずれも1対0である。この結果に強い危機感を持ち、攻撃力の強化を最優先課題とする。県代表チームに補強選手を加え最強チームを編成するこれまでの方針はそのままとするが、最強チームでの合同練習や県外強豪チームとの練習試合を増やし、チームの結束力を高めたい。

本年の結果次第では、次年度以降の国体県代表チームの選抜方法を一から見直すことも視野にいれる。

ア)強化チームの指定について

コマニー㈱を強化チームに指定する。県大会ではシードする。

イ)強化事業について(予定)

3月 県外合宿 愛知県
4月 県外合宿 奈良県、静岡県
7月 日帰練習 県内野球場(夜間練習)
招待試合 石川県加賀市(群馬県・奈良県・大阪府のチーム)
8月 県外合宿 栃木県
9月 県外合宿 未定

ウ)第38回北信越国体組み合わせ(2/16北信越軟連会議にて決定)

月日 8月26日(土)14時開始予定
会場 福井県敦賀市総合運動公園野球場
対戦相手 福井県・新潟県の勝者


平成28年度 国体強化施策

■達成目標

県代表チームに補強選手を加えた最強チームを構成し、北信越国体(長野県)を勝ち抜き
第71回国体(2016希望郷いわて国体)では3年ぶりの入賞(8位以上)を目標とする。

■強化チーム指定

コマニ―(株)(平成27年国体代表)と小松精練(株)(第71回天皇賜杯ベスト4)
の2チームを強化チームに指定する。
両チームは県大会においてシードする。

■強化体制

総    括  宮川 豊彦(理事長)
ヘッドコーチ  宮本 晃三(常任理事&強化普及部長)
競技力向上担当 一双 貞行(理事&事務局次長)

■強化事業(計画書)

石川県体育協会補助金等を活用して県外合宿および招待試合を積極的に行い強化を図る。

2016年4月
☆04.03 小松運動公園末広野球場(弁慶スタジアム)にて、福井県・田原町商店街ほあいつを招き、石川県野球協会 強化指定チーム「コマニー株式会社」「小松精錬株式会社」が『国体強化事業』として強化試合を2試合行い ました。

試合結果についてお知らせします。
★04.16-17 強化試合静岡県遠征
☆04.23-24 強化試合京都府、兵庫県遠征

2016年5月
★05.14 県内強化試合

2016年7月
☆07.02-03 県内強化試合
★07.16-18 他県招待強化重点試合  試合結果

2016年8月
☆08.06-07 強化重点試合関東遠征

2017年2月
★02.19 県内若手指導者育成事業

2017年3月
☆03.11 強化試合愛知県遠征
★03.19-20 強化試合静岡県遠征